ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ベジセーフというのは、野菜や果物を洗う専用の水。

 

ベジセーフで洗うことによって、気になる農薬やウィルスなどの雑菌も落ちて、安心して野菜や果物が食べられるというわけなんです。
でもこれ、本当に安全なものなのでしょうか?その安全性、そして効果について調べてみました。

 

公式サイトはこちら!

ベジセーフ

http://vegesafe.jp/

 

 

 

☆ベジセーフは何でできている?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ベジセーフはいったいどんな成分が入っているのでしょうか。

 

一番基本となるのが水ですね。
この水はアルカリイオン水を使っています。

 

純水と炭酸カリウムを電気分解してできたアルカリイオン水です。
この水の成分は純水が99.88%、そしてカリウムが0.12%となります。

 

食品を洗う水だから、無添加にもこだわっています。
着色料、香料、界面活性剤、防腐剤などは一切使っていません。

 

野菜や果物についた農薬などを取り除くために何か薬品を使ってるのでは?と疑う人もいるかもしれませんが、全くの天然素材だってことなんですね。

 

 

☆ベジセーフを使うとどうなるの?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ベジセーフはアルカリイオン水でできていますね。
この中のマイナスイオンが野菜の表面などについている汚れ、これがプラスイオンなのですが、これに吸着するようになります。

 

そして次にはマイナスイオン同士が反発して汚れを落とすようになるのです。
ここで汚れというのは、農薬やワックス、そして放射性物質などのことです。

 

目に見えないけれども、ついているこうした汚れをはがすようにして落としてくれるのがベジセーフなのです。

 

そして汚れだけではありません。殺菌作用もあるんですね。
水素イオン濃度PHは微生物が生息できないので、細菌なども死滅してしまうのです。

 

このベジセーフはスプレー容器に入れて使うのですが、シュッシュッと吹きかけるだけ。
数秒後には、なんだか薄い黄色の液体が見えてきます。
これが野菜や果物についている展着剤の色なのです。

 

最後に水ですすぐだけでOKなので簡単です。手間もとりません。

 

確認のために、もう一度ベジセーフを吹きかけてみると、今度は黄色の水はでてきません。普通の透明なままなのです。
これで汚れが落ちていることが証明されますね。

 

 

☆ベジセーフは安全なのか!?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

農薬やワックス、放射能物質などからわが身、そして子供たちの体を守るのも大切なのですが、本当にこのベジセーフが安全なものなのか?というの気になりますよね。
体に害になるものが入っていないだろうか・・などと気になるものです。

 

ベジセーフは24時間のパッチテストも済ませていて、小さいお子さんにも安心であることを証明しています。

 

そして先にも書きましたが、ベジセーフはアルカリイオン水ですよね。
ここに炭酸カリウムを添加しています。
炭酸カリウムは指定添加物に指定されているもので、日常的に使われているもの。例えば豆腐やこんにゃくの冠水としても使われているのです。

 

今までアルカリ水を作るには苛性ソーダや塩化ナトリウムが使われていたのですが、これらを使うと塩分がとけて金属を腐食、当然、人の肌にも刺激となってしまいます。

 

しかし、ベジセーフはその代わりに炭酸カリウムを使い、塩濃度はゼロになり、皮膚への刺激もありません。

 

こうした点においても安全であることが言えますね。
ましてや添加物も一切配合していないので、こちらも安心な点です。

 

ベジセーフを吹きかけた後の水は、徐々に酸化され、普通の水道水のようになってしまいます。
なので、ベジセーフで掃除したところや、洗った果物などを赤ちゃんがなめても問題ありませんよ。
先に成分も書きましたが、無添加ということで安心ですし、アルカリイオン水なので、誰でも安心して使える安全な水ということなんですよね。

 

公式サイトはこちら!

ベジセーフ

http://vegesafe.jp/

 

 

 

☆ベジセーフの使い方

 

まず、ベジセーフを使って、野菜やお米の洗い方を整理してみました。

 

*プチトマト
ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

プチトマト数個にベジセーフを吹きかけます。プチトマト5個に8プッシュくらいが目安となります。
吹きかけたあとは、もみ洗いします。
そして水で洗い流すだけ。

 

*ピーマンやレモン
ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ピーマンやレモンなども1個にベジセーフを吹き付けます。
そしてもみ洗いした後に水で洗い流します。

 

 

ポイントはもみ洗いというところでしょうかね。
よくなじませて、野菜や果物の表面についた汚れを落としましょう。

 

*お米
ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

お米の場合も同様に吹き付けます。
ベジセーフを吹き付けた後にかき混ぜてベジセーフをお米になじませます。
そして水洗いすればOKです。

 

ベジセーフは野菜や果物、お米などを洗うだけではなく、殺菌作用もあるので、キッチン道具の消毒などにも使えます。

 

まな板にベジセーフを吹きつけるだけで消毒になりますし、包丁やその他キッチン用品に吹きかけておくと良いですよね。

 

他の場所のお掃除にも使えます。
工夫次第では万能スプレーにもなりかねませんよ。

 

ところで、ここで、野菜や果物の栄養成分が逃げてしまわないのか?と疑問に思う人がいることでしょう。
水溶性の栄養素などは長い間水につけておくと水に流されてしまうことがありますね。

 

でもベジセーフはほんの数秒、数十秒のことですから、こうした心配はありません。
できるだけ短時間にその汚れを落とすことができるという点においても安心して使える商品だと思いますよ。

 

☆気になる口コミはどう?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

販売会社の調査によると、このベジセーフの満足度はなんと97%!
ほとんどの人が満足してるっていうことですよね。もちろん、のこりの3%の人は何らかの理由があって満足とは言えなかったのかもしれませんけど・・

 

そこえ、すでに使ってみた人たちの口コミも探してみました。

 

*3歳の息子のためにと使い始めました。
イチゴやレタス、トマトなどに吹きかけると農薬が多くかけられているのがわかります。
お米も洗ってみたら、新米みたいにおいしく炊けました。
手間もかからず、また、食品を洗うだけではなく掃除にも使えるので、息子のおもちゃにふきかけたりと重宝しています。
除菌にも使えるので、コスパとしてもとっても良いと思います。

 

 

*モニターでいただいたミニサイズを使ってみました。
実際に使ってみると、本当に色のついた水がでて、水道水だけでは農薬とかは落ちないんだなあと思いました。
他にも冷蔵庫の掃除や歯ブラシの消毒などにも使っていて、便利な商品だと思ってます。

 

 

*使ってみたところ、無色透明の水だし、ニオイもないので使い心地が良いです。
刺激が少ないので、お肌にも安心です。小さな子がいるので、できるだけ安全なものを食べさせたいと思っていたので、ベジセーフはうれしいですね。皮ごと食べるリンゴなどもこれで安心して食べさせられます。

 

 

*野菜嫌いの息子が、ベジセーフで洗ったレタスをおいしいといって食べていたのには感動しました。これで洗うことで野菜もおいしくなるんですね。

 

 

 

このように、良かったという口コミがほとんどで、不満に思った人の口コミは探しきれませんでした。

 

ただ、中には、こうしていちいち洗うのがめんどくさいと思う人もいることでしょう。
忙しく食事の準備をしているときに、野菜を丁寧に洗うという手間が増えるので、それが面倒に思える人もいるでしょうね。

 

 

でも1分かかるかかからないかという時間ですし、小さなお子さんがいるとよけい安全なものをと思うでしょうから、最初は面倒でも、続けていると慣れてそれが普通になってくるのではないかと思いますね。習慣になれば問題なしですよ。

 

安全と同時に、おいしさもアップすることができるようなので、これもまたうれしいことですね。

 

公式サイトはこちら!

ベジセーフ

http://vegesafe.jp/

 

 

 

☆ベジセーフの注意点

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ベジセーフは安全なものですが、気を付ける点はないのでしょうか?

 

ないわけじゃないんですよ。

 

まず、直接飲むのはやめましょう。
このベジセーフのアルカリイオン水はPH12.5です。このPHが10以上のものは飲むには適していない数値なので、飲むのはNGです。
ただ、吹き付けた直後がこの数値であって、吹き付けてから30秒もすれば水道水のようなPH7くらいに戻ります。
なので、吹き付けて時間がたったあとに、子供がなめてしまっても問題はありません。

 

ただ、飲むのはよくないけれど、虫歯予防や口臭予防のためにうがいに使うのは大丈夫だそうです。ごっくんしなければ良いのですね。

 

そしてもう一つ。掃除にも使えるからとあちこちに吹き付けてしまいそうですが、
ベジセーフは革製品、毛皮、シルクには向いていません。水ですから、水に弱いこれらのものには吹き付けない方がいいですね。
そして電化製品なども感電の恐れがあるので、直接吹き付けるのではなく、布にしみこませて拭くなどという工夫をしても良いかなと思います。

 

 

☆購入はどこで?

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

こんな便利なベジセーフですから、近くのスーパーやドラッグストアで購入できたら便利ですよね。欲しい時に欲しいだけ・・

 

でも、残念なことに、これは通販限定商品なのですよ。
楽天やアマゾンにもありますよ。

 

楽天やアマゾンで見てみると、1本のお値段が1620円、そしてそこに送料がつきます。
まあ、このくらいのお値段なら・・と買ってしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってくださいね。

 

公式サイトを忘れてはいけません。こちらのほうがお得なこともあるかもしれませんよ。

 

その期待を裏切らないかのように、公式サイトでは特別価格で準備されていました。
それは定期コースで購入するととってもお得に60%オフの価格で購入できるんです。

 

ベジセーフ400mlが1500円なのですが、それが3本分といえば、1200mlですよね。
この1200mlがなんと1500円で買えてしまうのです。

 

ただ、気を付けてほしいのは、これが初回限定価格だということ。
定期コースですので、2回目以降からのお値段は2700円になります。

 

この初回限定で、お得価格の上にプレゼントもついてますよ。
スタートセットプレゼントとして、
400mlの専用容器
専用ジョウゴ
使い方リーフレット
これらがついてくるのです。

 

2回目以降もお楽しみ特典付きと書いてあるので、何かついてくるのかもしれませんね。楽しみです。

 

送料は無料。
そしてお届け周期も自分で決められます。
1200mlだと1か月から1か月半、使えるそうですよ。

 

お届け周期も変更自由ですし、解約、休止もいつでもできると公式サイトには書いてありました。
でも本当に解約できるかどうか心配だという人もいるでしょうし、
使ってみてやっぱりなんか合わないなあ、効果が実感できないなあと思うこともあるでしょうね。

 

安心の返金保証もついてるんですよ。
20日以内に連絡すれば全額返金してもらえます。
こうした保証がついていると、初めて使う人も安心ですよね。

 

まあ、もっとも、こうした返金保証なんかも手続きがめんどくさい〜ってことで最初から試すこともなくあきらめる人もいるでしょうけれど・・

 

でも、このベジセーフ、私も試してみたいなと思いました。
果物や野菜など生で食べるものとか皮ごと食べるものとか、農薬とかワックスとか気になるけれど、特に良い方法がないから水で洗っていたけれど、こんな良いものがあったら、使ってみたいなあと思いますよね。

 

公式サイトはこちら!

ベジセーフ

http://vegesafe.jp/

 

 

 

☆まとめ

ベジセーフの安全性に迫る!その効果、信じていいのかしら?

 

ベジセーフはアルカリイオン水でできていて、野菜や果物の表面についた農薬やワックス、さらには放射能物質など、気になるものを洗い落とすことができる野菜洗浄水ともいえますね。

 

野菜や果物に限らず、お米も洗えますし、殺菌作用があるので、掃除にも使えます。包丁やまな板、または布巾などの除菌にも使えますし、冷蔵庫の掃除などにも重宝しそうです。
何でも口にいれてしまう赤ちゃんのおもちゃなどの消毒にも使えますね。
吹きかけるだけなので、簡単です。

 

そして一番気になるのは、安全性なのですが、それも安全だということがわかりました。
添加物も一切入っていませんし、洗ったあとにはその食品たちも本来の味を引き出すことができるのか、おいしくなるっていいますね。
中には野菜のあく抜きなんかもできるから、煮つけがおいしくなったと喜ぶ人もいるんですよ。

 

そして公式サイトでは定期コースでお得に購入できますし、不安な人も20日の返金保証がついているので安心して注文することができます。
買いたいときに近所のスーパーで買えないのは残念ですが、通販でも早く配送してくれますから、大丈夫ですよ。

 

ネットでの注文もOKですし、お電話での注文も受け付けているそうです。
注文してみよう!と思った時が「買い時」ですよ。
まずは試してみて、その良さを実感してみてくださいね。

 

私も早速注文しようかしら・・

 

公式サイトはこちら!

ベジセーフ

http://vegesafe.jp/